フォレスト速報

どうも皆様、フォレスト速報でございます。ここでは芸能に関するニュースや出来事のまとめを掲載させていただいております。このサイトに興味を持っていただき、閲覧していただくと幸いです。



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/09/23(月) 16:17:37.91 ID:2WqUM0nq9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00000034-sasahi-ent

     テレビ界は10月を前に最後のクールに突入しようとしているが、お笑いコンビ・千鳥の快進撃はとどまるところを知らない。

    2000年に結成された大悟(39)とノブ(39)は現在、レギュラー番組が不定期や単独出演も合わせると計14本に。
    そして10月からは「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)が始まる。千鳥としては久々の、ゴールデン帯のレギュラー番組だ。制作会社のディレクターは次のように語る。

    「いま、テレビ局に持ち込まれる企画書に最も名前が書かれているのが千鳥のふたり。
    吉本の闇営業騒動で、本来なら吉本芸人をMCとした新番組は立ち上げづらいところを、千鳥だけは別格扱い。実際、吉本も千鳥のふたりの過去を相当スクリーニングしたそうですが、反社との付き合いも含め何も出てこなかったのでゴーサインを出した。
     今後、吉本が得意とするゴリ押しがもっと行われると思います。思えば10年前、M-1グランプリでブレイクしたブラックマヨネーズも同じように“企画書に最も名前を書かれる芸人”でしたが、結局爆発的に売れるタイミングを逃してしまった。
    “第二のダウンタウン”を生み出すのは吉本の悲願であり、今それに最も近いのは千鳥でしょう」

    「安定した面白さを誇るレギュラー番組はもちろん、それぞれピンでゲスト出演する番組でも笑いをしっかり取っています。
    大悟は先日NHKで『大悟道』という異例とも言える個人の冠番組枠をもらい、生放送で芝居に挑戦するなど、多忙に関わらず新しいことにも挑戦している。まさに絶好調のコンビと言っても良いでしょう。
     どんなシチュエーションでもどんな相手でも必ず笑える変幻自在なツッコミを繰り出すノブと、大御所である志村けんにの寵愛を受け“天性の人たらし”である大悟のコンビネーションは最強です。

    しかも2人には『漫才』という最も強力な武器があります。10月から始まる単独ライブ『千鳥の大漫才』のチケットは当然のように即日完売で、関係者すらまったく手に入らないほどの大人気。
    そんな彼らのスキルをもってすれば、テレビでブレイクすることはある意味たやすいことでしょう。不謹慎かもしれませんが、よっぽどのスキャンダルでも起こさない限り、この勢いはまだまだ続くでしょう。
    今の千鳥にウィークポイントはまったく見当たりませんね」


    (出典 dot.asahi.com)


    【闇営業ダメージゼロ。千鳥の「天下獲り」がはじまっている】の続きを読む



    1 みつを ★ :2019/09/23(月) 15:49:04.29

    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/hotei-kobukuro

    布袋寅泰「ミスを許さない風潮、寂しい」コブクロ小渕の国家独唱、ネットの声に言及
    小渕さんは9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で、国歌「君が代」を独唱。ネット上では、一部で「放送事故」などと揶揄する声も広がっていた。

    2019/09/23 07:28

    Kota Hatachi
    籏智 広太 BuzzFeed News Reporter, Japan
    Be one of the first to comment
    ギタリストの布袋寅泰さんが、コブクロ・小渕健太郎さんの国歌独唱についての意見を自身のSNSに投稿した。

    小渕さんは9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」で、国歌「君が代」を独唱。

    その歌声のキーが高かったことから、ネット上では「放送事故」「笑った」などという声が一部で拡散。一部のメディアは「笑撃」と取り上げたほか、「絶対に笑ってはいけないMGC」というYouTube動画は160万回以上再生されている。

    一方、「マラソンが大好き」という本人は歌唱後に「ちょっと思いが強すぎて、非常に緊張しすぎました。僕も限界に挑戦しようというところで思ってチャレンジしてみました。ひっくり返りましたけれど」と、コメントしている。

    布袋さんは「ネットで意見されているのを見て僕も動画を見た」とコメント。

    「確かに理想的な歌唱であったとは言えず、誰よりも本人が一番悔しい思いをしている」「歌いきった後の彼は、泣きたいくらい悔しかったはずだ」とその心境を記した。

    そのうえで、歌う前に「深々とお辞儀」をしたことに原因があると指摘。

    「発声の際大切な横隔膜と喉との間の呼吸バランスか崩れ、歌い出しからオクターブが狂い、瞬時に元に戻すことが不自然だと察し、そのままのキーで歌わざるを得ない状況であったと僕は推測する」

    布袋さんは「擁護もしない。しかし否定もしない」として、ネット上で揶揄するような声が広がったことに、こう自らの思いを綴った。

    「ただ、力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」


    (出典 img.buzzfeed.com)
    ?downsize=700%3A%2A&output-quality=auto&output-format=auto&output-quality=auto&output-format=auto&downsize=360:*


    【布袋寅泰「ミスを許さない風潮、寂しい」コブクロ小渕の国家独唱、ネットの声に言及】の続きを読む



    1 荒波φ ★ :2019/09/23(月) 10:35:25.34

    ※ハンギョレ新聞の記事(韓国語)
    政界 「リュソクチュン、国民の目・耳汚し妄言」... 罷免など処罰を促す
    http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/910439.html?_fr=mt2

    韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。

    リュ・ソクチュン教授は日本植民地時代を語り慰安婦を「売春女性」とし、加害者は、日本(政府)ではない。慰安婦は売春の一種」と述べた。

    彼は続いて「慰安婦は日本の民間が主導し、日本は関わっていない」と付け加えた。

    これに対して学生が「慰安婦被害者は自主的に行ったものではなく、強制連行されたではないか」と反発し、リュ教授は「生活が困窮している当時は売春の誘惑があった」と回答した。

    これに対して韓国民主党内のジョンチュンスク議員は22日に「韓国党革新委員長を務めていたリュ教授の妄言と歴史歪曲に全国民が激怒している」と批判した。

    ジョンチュンスク首席報道官も「親日・反歴史的妄言を処罰するために法的・制度的な対策が必要だ」とし「リュ教授に対する大学当局の断固たる措置を求める」と述べた。

    現在、延世大学の在校生と卒業生らはリュ教授に対して罷免(ひめん)するように署名運動を行っている。


    2019/09/22 20:59:39
    https://gogotsu.com/archives/53987


    【【言論統制】リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」韓国政治家「処罰するために法改正が必要」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/09/23(月) 13:23:51.14

    ニューヨークを訪れている小泉進次郎環境大臣は国連の環境関連のイベントで演説しました。

    小泉環境大臣:「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを発揮してこなかった。きょうから我々は変わります」
     
    一方、この演説の前の記者会見での小泉大臣の発言が海外メディアで報道されました。
     
    小泉環境大臣:「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」
     
    ロイター通信はこの発言を取り上げ、「日本の新しい環境大臣が『気候変動との戦いをセクシーに』と発言した」と大きく報じました。ロイター通信はまた、日本が23日の気候行動サミットで発言しないことや火力発電を増やしていることを指摘し、日本政府の地球温暖化問題への取り組みに懐疑的な見方を示しています。

    2019/09/23 12:01 テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000165029.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【???】小泉環境大臣、国連で「気候変動問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべき」と演説・・・。】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/09/23(月) 00:23:26.66

    2019年9月22日 21時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17122089/

    東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。今回のテーマは「東京30代女子」でした。
    女性の社会進出が進み、今東京にはバリバリ仕事をし、遊び、人生を謳歌している30代女性がたくさんいます。選択肢が増えた女性の生き方。今回は“独身編”として、30代独身女性の生き方を探ってみました。

    テーマ「東京30代女子~独身編~」

    ◆酒と美味しいもの、友達がいればいい
    「シングルの人がいてもいいし、結婚しても子どもがいなくてもいい。それぞれの生き方があるので、それでいいかなって思ったら、すごく楽になりましたね。

    結婚している人とは会話の内容が変わってくる。子ども、幼稚園……という話になって、それはそれでいいけれど、話をしていて居心地がよくないなと思って。一時期は友達なのに(そんな気持ちは)よくないって悩んだ時期もありました。先輩とかにポロっと相談したら、『その時々によって、付き合いが深くなる人は違うから悩まなくていい』と言われましたね。

    仕事が忙しいから恋愛ができないわけでもないし、『いたらいいね』くらいかもしれないです。私は、お酒と美味しいものと、あとは友達がいればいい」(31歳/スポーツウェア開発)

    ◆漠然と不安を抱いています
    「薬局で事務の仕事をしています。結婚が(年齢的に)現実的になってきて、だけど、現実は全然違うし難しいんだなって思いました。仕事中心になっていて、出会いも少ないですし、出会っても彼女がいたり結婚をしていたり、なかなか進まないことが多いです。
    40歳くらいまでに(結婚)できたらいいんですけどね。漠然と不安を抱いております! 私自身、人から見た自分を気にしてしまうタイプなので、プレッシャー多いですね、すごく! 親は何も言いませんが、私は焦っています」(32歳/事務)

    以下ソースで


    【30代・独身女のリアルな本音「今は楽しい。だけど将来は……」】の続きを読む

    このページのトップヘ