フォレスト速報

どうも皆様、フォレスト速報でございます。ここでは芸能に関するニュースや出来事のまとめを掲載させていただいております。このサイトに興味を持っていただき、閲覧していただくと幸いです。



    1 ひかり ★ :2019/11/14(木) 15:58:26.22 ID:e3jGExBp9.net

    11月上旬、東京都心にあるストレッチ専門店の前にタクシーが止まった。車の中から現れたのは、元モーニング娘。の吉澤ひとみ(34)。キャップにスポーティなレギンス姿の彼女は、伏し目がちに店舗の中へと入っていった。

    '18年9月6日に酒気帯び状態で車を運転し、横断歩道の人をはね、ひき逃げしたとして逮捕された吉澤。昨年11月30日に下された判決は、懲役2年・執行猶予5年。

    「求刑2年であれば、懲役1年6月・執行猶予3年ぐらいが“相場”といわれています。裁判官も『各犯行はいずれも同種の犯罪と比べて(程度が)悪質。通常よりも長めの執行猶予期間が相当』と説明したように、
    非常に厳しい量刑でした」(前出・スポーツ紙記者)

    その判決からもうすぐ1年になろうとする10月下旬、スポーツジム関係者から、本誌編集部にこんな情報がもたらされたのだ。

    「元モー娘。の吉澤ひとみさんが、あるストレッチ専門店で働いているようなのです。勤務時間は11時から夕方5時ぐらいのようです」

    吉澤は’15年にIT企業社長と結婚し、’16年7月に男児を出産している。取材を進めると、確かに吉澤は現在、ストレッチ専門店に毎日通ってきており、また、長男を預けるために自宅付近の保育園を利用していることも判明した。

    かつては白いワンボックスを愛車にしていた彼女だが、いまはもっぱらタクシーを利用しているようだ。彼女が住んでいる高級タワーマンションから店まで車で20分ほど。往復では5千円近くもかかってしまう。
    かなり高い交通費だが、それほど彼女にとって“やりがいのある仕事”ということなのだろうか。

    芸能界復帰について彼女自身はどう考えているのだろうか? またどんな気持ちで日々を送っているのか? 本誌は勤務を終えた彼女への取材を試みた。

    ――こちらのお店に勤務されていると伺いましたが?

    「知り合いがいて、こちらで働かせていただくようになりました。今年からですね。子供もいるので、少しでも働こうと考えまして……」

    実は店の客でも、彼女の姿を見た者はいなかった。

    ――具体的には、どんなお仕事なのでしょうか?

    「一般のお客さんにストレッチをしているわけではないのです。店のスタッフの方たちに、私がトレーナーとしてストレッチ術を教えています」

    なんと彼女は“ストレッチの先生”に転身していたという。モー娘。時代から運動能力が評価されていた彼女らしい仕事といえるかもしれない。

    ――芸能界復帰は考えていますか?

    「復帰の予定は、いまのところありません」

    ――判決後もお酒は飲まれているのでしょうか?

    「……お酒は、自宅や居酒屋で1杯とか、少したしなむ程度に飲んでいますが、以前のように毎日飲んだり、飲み歩いたりしているわけではないんです。気をつけているつもりですが、“まったく飲んでいません”と、
    言ってしまうのも違うように思いますので……」

    その言葉を最後に静かに立ち去った吉澤。執行猶予期間満了まで、あと4年。彼女の知られざる更生生活はまだまだ続く。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00010009-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)



    【【えっ!?】吉澤ひとみ トレーナー転身していた!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/14(Thu) 16:24:27 ID:vEniiPCO9.net

    元セクシー女優ら2人の女性との新たな不倫が発覚した、お笑いコンビ「千原兄弟」の兄・千原せいじ(49)が夫人にも詰められ、猛省の日々を送っている。

    週刊文春の報道により発覚したのは、今年5月に破局した30代ハーフ美女と、40代元セクシー女優との2つの不倫。本紙の取材によると、同誌の直撃取材を受けたせいじは2日前に夫人に詳細を報告。淡々と静かなトーンで2時間にわたり説教されたという。

    せいじは起床すると報道番組などをチェックするのが習慣で、14日朝もリビングでテレビをザッピングしていたところ、夫人から「お前、きょうは1日ワイドショーやろ」と不倫騒動を取り上げるであろうワイドショーチェックを義務づけられたという。

    せいじは5月にも不倫を報じられ「カレーライスばかりじゃなくたまにはハヤシライスも食べたくなる」と“迷言”を連発。再び問題行動を起こしたことに16歳の長男からも「お前、もう知らんわ」と呆れられたという。

    せいじは、この日、所属事務所の吉本興業東京本部で経緯などを説明。離婚問題には発展しないとみられるが「ほんまにオレしょうもないわ、オレしょうもないわ」とうなだれていたという。弟の千原ジュニア(45)から“日本一残念な兄”と呼ばれるせいじ。自宅にも居場所はないとみられ、当分の間、針のむしろ状態は続きそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17379090/
    2019年11月14日 13時22分 スポニチアネックス


    【千原せいじ 新たな不倫発覚で夫人から2時間説教されるwwwwwww】の続きを読む



    1 鴉 ★ :2019/11/15(金) 00:08:57.66

    <危機の韓日関係、連続診断15>「日本から賠償受けずに謝罪・懺悔を要求しよう」(1)
    11/14(木) 8:35配信

    「強制徴用・輸出規制・GSOMIA(軍事情報包括保護協定)3種セットが韓日未来の足を引っ張っている。どうにかして解決案を見つけなければならないが、政府もようやく動き始めた」「歴史的・経済的・永久的な債権者の立場で国際政治の舞台で優位に立てる方案を作ろう」--。

    大法院強制徴用判決によって触発された韓日葛藤に解決の兆しが見えない中で、韓日GSOMIA終了期間(23日午前0時)が刻々と迫っている。12日に開かれた「韓日ビジョンフォーラム」第15回会合の出席者は強制徴用の解決案に関連して、「韓国が日本に賠償を要求しないと宣言する代わりに、日本の懺悔と謝罪を要求しよう」という提案で共感した。20余年間、強制徴用訴訟を率いてきたチェ・ポンテ弁護士は差し押さえられた日本企業の韓国内資産の現金化措置状況を説明して「最近、政府と原告団が会って解決案について協議を始めた」と明らかにした。

    チェ・ポンテ弁護士の発題文要約

    2000年5月1日、釜山(プサン)地方裁判所で三菱重工業を相手取った1回目の裁判を始めてから昨年大法院の確定判決が下されるまで20年余りかかった。1審では時効問題で、2審では日本裁判所の確定判決に反する判決は下せないという論理で敗訴したが、2012年5月に大法院で判決が覆った。翌年7月、下級審で仮執行を条件に日本企業に金銭支給をするよう命じる勝訴判決が下された。この時から日本企業の国内資産に対する強制執行が可能になったが、弁護団は韓日関係に望ましくないとの理由で強制執行を申請しなかった。時間がかかっても和解したほうがいいと判断した。

    強制執行によって被害者が金銭的な満足を得ることができるかどうかは分からないが、相手の自尊心を刺激すれば謝罪を受けることはさらに難しくなる。それから6年間待った。韓国政府は何の措置も取ってこなかったのに、昨年大法院判決が確定してから焦って動いている。

    今年強制執行手続きに入ったのは生存被害者がいるためだ。強制執行をせず救済を受けられない状態で被害者が死亡した場合、弁護士の立場では刑事責任問題が発生する。現在、裁判所は両国間の外交懸案である強制執行に慎重だ。すぐに現金化手続きを始めても、日本企業国内資産(株式・特許権など)の実際の価値を鑑定するために相当な時間を要するものとみられる。年内は難しいだろう。

    被害者と弁護団は韓日政府間の本格協議が始まれば強制執行を当分中断するということで合意している。強制執行は申請主義なので、裁判所に要請すれば無理に執行はしない。個人的には日本政府・企業の体面を保ちつつ、この問題を平和的に解決するよう願う。法律家が立ち上がって落ち着いて説得し、少しずつ世論を変えてこそ日本政界も動くだろうと考える。強制徴用訴訟だけが問題なのではない。(日本企業でなく)日本政府に対する日本軍慰安婦損害賠償裁判が残っている。この部分も前もって解決しなければならない。

    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000005-cnippou-kr


    【韓国「賠償を要求しないから、日本は懺悔と謝罪をしてくれニダ!」】の続きを読む



    1 プーアル ★ :2019/11/14(木) 15:58:36.38 ID:tbEodrBS9.net

    2005年の『ドラゴン桜』(TBS系)以降、毎年のように連続ドラマに出演していた女優の新垣結衣。しかし、今年は出演作がなく、ネット上で心配の声が広がっている。

    06年には『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、08年には『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)、12年には『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、
    16年には『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)など、数々のヒット作に出演してきた新垣。昨年は、『逃げ恥』の脚本を手掛けた野木亜紀子氏と再びタッグを組み、
    連ドラ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演を務め、他にも劇場版『コード・ブルー』に出演するなど、仕事にまい進していた。

    「ここ数年、新垣は大人気女優にもかかわらず、出演する連続ドラマは年に1本と絞り、その〝プレミア感〟もあって評判は上々でした。
    しかし、大ヒット確実という前評判だった『獣になれない私たち』が、全話平均視聴率8.7%と大コケ。新垣の演技も酷評されてしまいました」(芸能記者)

    この大コケが原因かは分からないが、今年は役者としての仕事はナシ。

    https://myjitsu.jp/archives/99648


    【【悲報】新垣結衣、連ドラゼロで売れなくなる・・・。】の続きを読む



    1 シャチ ★ :2019/11/14(木) 20:59:21.58

     京都アニメーションの放火殺人事件で、逮捕状が出ている青葉容疑者が11月14日、やけどの治療のために入院していた大阪府内の病院から京都市内の病院へ移送されました。

     「青葉容疑者が今、転院のため出ていきます。ストレッチャーに乗せられた状態で救急車に乗せられます。」(記者リポート 14日午前9時ごろ)
     
     全身にやけどを負った青葉真司容疑者(41)。髪の毛は短く刈られているように見えます。青葉容疑者は今年7月、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオに火をつけ、36人を死亡させ、33人に重軽傷を負わせたなどとして逮捕状がとられています。
     
     捜査関係者によりますと、青葉容疑者自身も全身にやけどを負い、大阪府内の病院で本人の皮膚を培養するなどして皮膚移植を10回ほど受けるなど、高度な治療を受けていたということです。その後、車いすに座って会話できる程度まで回復したため、11月14日に京都市内の病院に転院しました。青葉容疑者は11月8日、警察と検察による任意の聴取で容疑を認め、「どうせ死刑になる」などと話していたといいます。

     事件で死亡した京都アニメーションの監督・武本康弘さん(当時47)の父親は14日、MBSの取材に次のようにコメントしています。

     「『どうせ死刑になる』という言葉を聞いて、八つ裂きにしたいと思うほど憎かった。遺影を見るたびに息子が帰ってくるんじゃないかと思う。なぜ、あんなことをしたのか容疑者から理由を聞きたい。」(武本康弘さんの父親のコメント)

     また、死亡した石田奈央美さん(当時49)の母親も「日が経つごとに娘がいなくなったことが辛い。どういう心境で火をつけたのか聞きたい」と話しました。

     一方、青葉容疑者は病院の職員に対し「お世話になり、ありがとうございました」などと話していたということです。警察は医師の意見を参考にしながら青葉容疑者の逮捕の時期を検討しています。

    MBSニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00030414-mbsnewsv-l26


    【京アニ放火の青葉容疑者「どうせ死刑になる」→被害者遺族「八つ裂きにしたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ