フォレスト速報

どうも皆様、フォレスト速報でございます。ここでは芸能に関するニュースや出来事のまとめを掲載させていただいております。このサイトに興味を持っていただき、閲覧していただくと幸いです。

    アイドル



    1 ホイミン ★ :2019/12/05(木) 17:00:13.89 ID:iniwy5H89.net

    アイドルグループ・ネコプラの公式ツイッターアカウントが呼びかけたある情報が、物議を醸している。

     問題となっているのは、ネコプラ公式アカウントが3日夜に投稿したツイート。その中で運営は、「お知らせ」として、「物販にて10000円札を偽造された方を発見致しました。
    【刑法148条:通貨偽造罪】※無期または3年以上の懲役(刑法148条1項)となりますのでお気を付け下さいませ」とつづり、舌の飛び出た絵文字を大量に記していた。

     ツイートにアップされていた写真には、本物の1万円札と「偽物」だという1万円札が比べられていたが、よく見るとこのお札、84年から発行されていた、裏面に雉が描かれた旧一万円札。
    これを「偽札」と判断したことに対し、「旧紙幣さえわからない年代がもういるの?」「無知って怖すぎる」「せめてツイートする前に他の人と情報共有しなよ…」といった苦言が集まっていた。

     その後、誤解を指摘する声が広がると、運営側は無言でツイートを削除。これに対し、「誤解広めたんだから」「せめてなんらかの謝罪はしたほうがいい」といった声が寄せられたが、
    運営は4日にツイッターを更新し、ライブイベントを告知。その中で、「特別特典」として、「"旧札"で購入頂いた方に運営の自腹でHYPERチェキ券1枚プレゼント」と自虐ネタを披露したものの、
    「今更『実はキャンペーンでした』感出そうとしても無理」などの呆れ声が見受けられた。

    https://wjn.jp/article/detail/1072229/


    【アイドル「一万円札を偽造された方を発見しました」➡️結果wwwwwww】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/30(土) 18:58:00.75 ID:+YX6Qacv9.net

    28日、『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 舞台裏ドキュメント』(TBS系)が放送された。

    #AKB48歌唱力No1決定戦 第2回の決勝大会は、今夜7時半からTBSチャンネル1で再放送です。https://t.co/xaHgUk6LrF

    11月28日(木)深夜には地上波TBSテレビで舞台裏ドキュメンタリー。30日(土)午後4時からは、TBSチャンネル1で密着映像をさらに追加した4時間半の完全版をお送りします! pic.twitter.com/W6AsBwfC7j

    ? AKB48グループ歌唱力No.1決定戦<公式> (@AKB48G_singer) November 16, 2019


    ■三村妃乃、グループの現状を語る
    本番直前、今年10月にAKB48からの卒業を発表した矢作萌夏は「ヤバいヤバい。本当に怖い。何が不安とかじゃなくて怖いです。恐怖」と気が気でない様子だ。

    また、NGT48の三村妃乃は「NGT48ってだけで悪く言う人がすごく…」とグループの現状について言及。

    「まあちょっと言葉は選びますけど、悪く言う人が多くて。今回の歌唱力ナンバー1決定戦で、研究生ですけど、私が実力を発揮して、NGTにもこんな子がいるんだって実力で勝てるような、そういうのを目指していきたいと思います」と意気込みを見せた。


    関連記事:指原莉乃、NGT48問題でファン思いやる発言が物議 「山口真帆の心配は…」

    ■ナンバー1に輝いたのは矢作
    そして、ナンバー1を勝ち取ったのは矢作。結果が発表されると、「最後にファンの方に自慢の推しメンって思っていただけるような結果が残せて本当に嬉しいです」とステージ上で涙を見せる。

    審査員を務めたゴスペラーズの黒沢薫は、矢作の歌について、「ただ歌の上手い人が歌っているだけではなくて、歌の上手い人が努力して努力して努力して、まだ上へってことでたどり着いた歌声」と絶賛した。


    ■アイドルのコンサートに行ったことは?
    グループのイメージを変えるため、自分のファンへの思いを届けるため、メンバーそれぞれが全力で臨んだ本大会。現場にいた人はもちろん、今回テレビを通して、そのステージを観た人にも、彼女たちの気持ちは伝わったことだろう。

    ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の21.9%が「アイドルのコンサートに行ったことがある」と回答している。

    アイドルのコンサートにまだ行ったことがないという人は、AKB48グループに限らず、ぜひ一度、現場の熱量をその肌で感じてほしい。

    (文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162208170/
    2019年11月29日 17時20分 しらべぇ
    (deleted an unsolicited ad)


    【【当然】NGT48「言葉は選ぶが、NGT48ってだけで悪く言う人がいる」】の続きを読む



    1 47の素敵な(東京都) (5段) :2019/11/30(土) 00:00:04.07


    コメ「恋愛禁止って言われた?」
    ゆうかりん「恋愛はバレなきゃって言われたけど…禁止だよね」
    #鈴木優香
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1200427046331019264/pu/vid/640x360/P80Ci0B5vzQsKvYc.mp4


    【AKBアイドルさん「恋愛禁止って言われた?恋愛はバレなきゃって言われたけど…禁止だよね」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/19(火) 20:45:44 ID:7BoYxV999.net

    11月14日、大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、昨年まで6年連続で出場していたジャニーズの?セクゾ?こと『Sexy Zone』がついに落選した。

    今回、ジャニーズ事務所から「紅白」に出場するのは計5組。数自体は昨年と変わらないものの、初出場となる?キスマイ?こと『Kis‐My‐Ft2』がセクゾと入れ替わる形となった。

    「『Sexy Zone』の初出場は2013年で、これは『嵐』初出場と引き換えに2009年から12年までバーター出場していた『NYC』の後継枠。
    『NYC』には故・ジャニー喜多川社長が当時、寵愛していた中山優馬が所属していたのですが、グループが13年夏に自然消滅したため、
    同年の紅白からはジャニー社長の新たな秘蔵っ子・佐藤勝利属するセクゾが抜擢されたのです。
    しかし、当時のセクゾには、お世辞にも紅白に出られるほどの知名度がなく、その後も一向に人気、知名度ともに上昇せず。
    国民はもちろん、ジャニーズファンからも『何でセクゾが出られるの?』『人気のあるグループは他にもある』と疑問視され、出場を喜んでいるのはセクゾのファンだけというありさまでした」(ジャニーズライター)

    こう聞くと、ジャニー氏の逝去に伴い、秘蔵っ子をねじ込む?ジャニー枠?が消滅したことが影響したと考えられる今回の?セクゾ紅白落選劇?。
    しかし、これは落選要因の小さな部分にすぎず、真の理由は、いつまでたってもブレークしない『Sexy Zone』を事務所が見限った点にあるようだ。

    もはや上がり目のない?不人気?グループに…
    「セクゾは6年間も紅白に出ておきながら、全く人気が拡大していない危機的状況です。
    デビュー9年目に差し掛かりながらこれといった代表曲がない上、CD売り上げはいまだに10万台。
    先月発売の最新シングルは両A面にもかかわらず、デビュー時期が3年も後で知名度的にも劣る『ジャニーズWEST』に負けています。

    ここ数年は主に日テレと組んでドラマやゴールデンのバラエティー、『24時間テレビ』のMCに起用する売り出しをしていましたが、不甲斐ないことに、
    そこまでしても後輩の『King&Prince』に知名度、影響力、セールス、すべての面でデビュー直後に即、抜かされてしまいました。
    1万人規模のアリーナ公演がやっとで、いまだにドームコンサートを行えていませんし、もうどうにもならない閉塞感が浮き彫りになっています。
    今回、紅白に落選したのも、こうした不人気ぶりについに耐えかねた事務所が、セクゾを国民的グループにするという育成計画を諦め、NHKにねじ込まない決断をしたためですよ。
    これからは一般ウケを捨て、コアなファン向けに活動を続ける細々とした上がり目のないグループになっていくでしょう」(大手レコード会社関係者)

    これについては、ジャニーズの内情に詳しい有識者も、同様の見解を示している。

    「ハッキリ言ってセクゾは『不甲斐ない』の一言に尽きます。?次世代エース?として大事に育てられてきたのに、この状況は相当にヤバいですよ。
    対して今回、初出場を決めたキスマイは、退社した元『SMAP』マネジャーが担当していたことから、同氏の退社後?みそぎ?としてプチ干され状態に陥っていた期間もあるグループ。
    そんな冷や飯を食らっていたグループに取って代わられてしまったのですから、セクゾの不甲斐なさはかなり際立っていると言っていいでしょう。
    キスマイがプチ干されだった時期とセクゾがプッシュされていた時期も、ほぼかぶっていますし、キスマイが一旦干されながらも再び這い上がった間、セクゾは一体何をしていたのかという話です」(芸能記者)

    現状の「Sexy Zone」は、中島健人がバラエティーを中心に孤軍奮闘し、1人だけ知名度をアップさせ支えている状態。
    しかし、そのうち中島のメディア露出も減っていき、本格的な?売れないグループ?になってしまうかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2083450/?page=2
    2019.11.19 19:00 まいじつ


    【【悲報】Sexy Zone、紅白落選で“オワコン”へwwwwwww】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/11/13(水) 13:21:58.46 ID:mn0/KVSN9.net

    元NGT48の山口真帆の暴行事件をめぐって、業界内でキナ臭い動きがあるという。

    現在、運営会社のAKSが山口への暴行容疑で逮捕された男性ファン2人に対して、損害賠償3000万円を求める民事裁判が新潟地裁で進行中。
    今月5日には被告側、原告側が提出した新たな裁判資料が開示されたが、その中で注目を集めたのがスポーツニッポンが先月30日付で掲載した
    主犯格とされる男と山口のツーショット写真だった。週刊誌記者が解説する。

    「その写真は2017年4月のイベントで撮影された主犯格の男性ファンと山口のツーショットでした。
    2人は、指でそれぞれ借りていたマンションの部屋番号を示している。要するに、“部屋を知っているほど私たちはつながっている仲”と言いたいわけです」

    どういうルートかはともかく、関係者しか持ちえない写真がスポニチに流れたということだ。これには山口がブチギレた。
    「スポニチさんが名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます」とスポニチを名指しし、
    「イベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズをしているかもほぼわかりません。
    AKB新聞やってて写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」と批判したのだ。

    「ビックリしました。有名タレントがメディアをおおっぴらに名指しで批判することはまずありえないからです。
    しかも、芸能事務所は、スポニチをはじめ、日刊スポーツ、スポーツ報知などのスポーツ新聞と昵懇なので、
    所属タレントにはこのような発言を許さないはずなんですよ。かなり異例のことです」(前出の記者)

    そもそも、スポニチが本件を大々的に紙面展開したことも珍しい。通常、いくらスキャンダルといってもトップ記事ぐらいで、
    周囲には他の記事が並ぶ形になるが、1つの面を使ってデカデカと掲載した。ある芸能プロ幹部はこう指摘する。

    「スポニチは山口が所属する研音とも極めて親しい。掲載するにしても、もう少し記事を小さくするなりして配慮するはず。
    しかも、証拠能力としても決め手に欠けるものをよくやったなあ、という感じなんですよ。かといって、研音はスポニチを出入り禁止にはしていない。
    いったい、研音は山口を守る気があるのか? と業界内の話題になっています」

    実は、研音内部も混乱しているようなのだ。テレビ局ドラマ関係者が耳打ちする。

    「今、研音内部は、山口擁護派と山口反対派の真っ二つに割れているんです。だから、スポニチが大々的にやっても、出禁にはできない。
    反対派としては、スポニチよくやったみたいなもんですよ。一方、擁護派はスポニチ許さんという姿勢なので、
    山口がスポニチを批判したツイートを消させようとしない。いずれにしても、これまでの関係を継続する形になるのです」

    一方で、こんな声もある。

    「スポニチはスポーツ紙の中で芸能界を牛耳る黒幕と最も近い。いくら混乱の間隙をぬったからといって、彼らの意向は無視できないはず。
    だとしたら、今回の記事は逆に彼らの意向なのではないか。つまり、“山口潰し”です」(事情通)

    裁判は、11月25日に弁論準備手続が行われるが、ますます混沌としてきた。
    https://tocana.jp/2019/11/post_122933_entry.html

    【スポニチ独占入手!】<元NGT山口真帆と襲撃男ツーショット>!関係性示す証拠写真!!! ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572416834/


    【【驚愕】元NGT48山口真帆をめぐって、業界内で “山口潰し”を敢行。事情通 「スポニチは芸能界を牛耳る黒幕と最も近い」】の続きを読む



    1 47の素敵な(東京都) (6段) :2019/11/13(水) 19:23:08.34


    日テレ何してるの?


    【柏木由紀「30歳までAKB卒業しません」宣言キタ━━━(゚∀゚)━━━!!】の続きを読む



    1 フォーエバー ★ :2019/11/12(火) 14:34:29.50

    荻野目洋子(左上)、松田聖子(右上)、岩崎宏美(右下)、松浦亜弥 (C)朝日新聞社

    アイドルの歌唱力。これを論じるのは難しい。芸能や芸術の巧拙なんて、しょせんは好みによるところが大だし、そもそも、アイドルの魅力において「歌のうまさ」がどれほどの意味を持つのか、よくわからないからだ。

    【写真】本田美奈子.さんのまぶしすぎる水着姿

     ちなみに、メリー喜多川さんはアイドルのライブについて「何か鳴ってりゃいいのよ」と言い放ったという。男性アイドルの場合「ヘタなほうが女の子の母性本能をくすぐる」として事務所が歌の練習をさせないケースもあるようだ。これは、女性アイドルにも通じる話だろう。歌のうまさはともすれば「可愛げのなさ」につながるから、両刃の剣でもある。

     そんななか、歌唱力と可愛げとを高いレベルで両立させたのが、松田聖子と松浦亜弥だ。ふたりとも、可愛い歌を聴かせるとともに、自分を可愛く見せる天才だった。それゆえ、歌のうまさが嫌味にならず、いわば「歌ウマ」アイドルの理想型となれたのである。

     という意見に、同意してくれる人はかなりいるのではないか。そして、このふたりとは違うタイプの、山口百恵や中森明菜という「歌ウマ」アイドルの理想型もある。ただ、理想型というのは容易に生まれるものではない。アイドルがまず可愛い存在でなくてはならない以上、歌のうまさは二の次になりがちだし、それゆえ、歌のうまさだけで成功するアイドルなど皆無だ。

     それでも、歌唱力が特別に評価されつつ、アイドルとしても人気が出る人がまれにいる。世間がいう「歌のうまいアイドル」とは、聖子やあややより、むしろこういうタイプだろう。

    ■「スタ誕」出身の岩崎宏美

     たとえば、70年代の第一次アイドルブームでは、岩崎宏美がいた。素人オーディション番組「スター誕生」の出身だが、その審査員でもあったソプラノ歌手・松田トシに声楽を学んだ本格派として、最初から歌唱力は折り紙つきだった。デビュー時のキャッチコピーは「天まで響け」。その言葉どおり、2曲目の「ロマンス」(75年)で大ヒットを飛ばしてトップシーンに躍り出ると、82年の「聖母たちのララバイ」では日本歌謡大賞に輝くことになる。

    その歌唱力を何より堪能できるのが「ロマンス」のB面「私たち」だ。全体で3回出て来る「愛しています~」の高音の伸びがとにかく絶品で、マニア向け評論誌「よい子の歌謡曲」10号には「血液中の二酸化炭素が全て消え去っちゃうようなスガスガしさ」(波田浩之)という評がある。これに比肩するものがあるとしたら、あややのデビュー曲「ドッキドキ!LOVEメール」のサビの高揚感くらいだろう。

    ■高田みづえ、荻野目洋子、そして本田美奈子

     70年代にはもうひとり、高田みづえもいた。こちらはデビュー曲「硝子坂」以来、カバー曲を得意にしていて、それ自体、高い歌唱力の証しである。特に彼女はどんな音楽も歌謡曲にしてしまう異能の持ち主だった。なかでも「潮騒のメロディー」はカナダのピアニストによるインストゥルメンタルに日本語詞をつけたもの。彼女の力業なくして、ヒットは覚束なかったはずだ。

     続いて、80年代の第二次アイドルブームでは、荻野目洋子を挙げたい。「ちびっこ歌まねベストテン」で注目され、小学生女子3人のグループで2枚レコードを出したあと、15歳で本格デビューを果たした。最初のブレイク、かつ最近の再ブレイクにもつながった「ダンシング・ヒーロー」が有名だが、そこにいたる前のアイドルポップスにも佳作が多い。いずれにせよ、ちびっこのど自慢的なところから出発しながら、ユーロビートのダンスナンバーという当時の流行りモノにも適応できたという、間口の広い歌唱力が彼女を一流にしたのである。

     そして、80年代ではもうひとり、本田美奈子(のちに本田美奈子.)がいる。ある意味、本稿の主役的存在だ。というのも、彼女ほど「歌唱力」が両刃の剣となったアイドルはいない。11月6日で死後14年がたったが、もっと別なかたちのアイドルになれたのではと今なお惜しまれるくらいだ。

    11/12(火) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00000093-sasahi-ent

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】本当に歌のうまいアイドルは誰かわからない・・・。】の続きを読む



    1 47の素敵な(武蔵國) (9級) :2019/11/08(金) 01:19:46.16

    @keitadj
    IZONE、アルバム予約購入分をすべて全額返金処理
    http://mlbpark.donga.com/mp/b.php?m=search&p=1&b=bullpen&id=201911070037390220&select=spf&query=%EC%95%84%EC%9D%B4%EB%8F%8C&user=&site=donga.com&reply=&source=&sig=h6jzGY-Yi3eRKfX@h-jXGY-Y5mlq
    通常、短期間の延期なら販売分の払い戻しを進めない。
    しかし今回は発売延期発表後すぐに全額返金を進めたのは現在の状況がいかに深刻であるかを示している


    【【悲報】IZ*ONEさん、活動休止へwwwwwww】の続きを読む



    1 47の素敵な(茸) (5級) :2019/11/07(木) 12:03:37.22

    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2129667

    Mnet「PRODUCE X 101」の投票操作疑惑を受けているCJ ENM所属のアン・ジュニョンプロデューサーが全4シーズン中、2シーズンの投票操作を認めた。

    6日、SBS「8ニュース」の報道によると、アンプロデューサーは警察調査で「PRODUCE X 101」と「PRODUCE 48」の投票を操作した疑惑を認めたという。

    ただ「PRODUCE 101」のシーズン1とシーズン2の操作疑惑は否定したという。


    (出典 pm-img.skyperfectv.co.jp)


    【【朝鮮】PRODUCE 48、やっぱり投票操作をしていたwww】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/11/02(土) 01:31:24.45 ID:0f0+zcfP9.net

    『嵐』の二宮和也が10月31日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演。赤坂の飲食店で豪華な芸能人の面々と酒を飲み交わし、電話でやり取りしたが、先輩芸能人にも遠慮なく〝タメ口〟で接する二宮に視聴者は驚いていた。

    二宮は個室で俳優の高橋克実と2人きりに。交友関係のある芸能人をランダムで呼び出し、複数人で酒を飲むという企画だった。

    二宮は部屋に入るなり、高橋に「かっちゃんと酒飲むなんて、久しぶりだね」と〝タメ口〟で声を掛けた。スタジオからは「かっちゃんって…」と驚きの声が出たものの、二宮は高橋に敬語を使うことなく近況報告した。



    12歳上の西島秀俊に「ヒデ坊!」
    高橋が芸能人を呼ぼうと電話をかけたところ、女優の大竹しのぶとつながった。電話を代わった二宮は「おはよう。何してるの?」と、およそ25歳年上の大女優に対しても〝タメ口〟。「明日早いの? 20分飲めるか?」と呼び掛けた。

    続いて二宮は自ら電話をかけ、出た相手に「ヒデ坊!」とあいさつした。相手の声の主は12歳年上の西島秀俊。結局、西島にも断られてしまい「ヒデ坊、来たら面白かったのにな…」と嘆いていた。

    後輩に当たる『KAT-TUN』の中丸雄一にも電話。寝る準備をしていたという中丸を強引に呼び出し「俺の手下です」と指さした。結局、この日の酒席には中丸、戸田恵子、山崎弘也、八嶋智人が集まり、集合写真も撮影している。

    ファンは二宮の〝タメ口〟にかえって興奮したよう。ツイッターでは二宮の気さくな人柄を称える声が続出した。

    《大物さんにもタメ口な二宮くん好き》
    《先輩にもタメ口の二宮、本当に愛されてるなあ》
    《みんなにタメ口なの超好きなんだけど笑》

    一方、二宮に嫌悪感を示す視聴者もいた。

    《二宮のタメ口がめちゃくちゃ不快》
    《二宮の大物にもタメ口な俺感すごい嫌い》
    《大竹しのぶさんや西島秀俊さん、歳上の方にタメ口な二宮くんにドン引き》

    このキャラクターをそれなりの数の視聴者が許容したのは、二宮だからこそとも言えそうだ。

    2019.11.01 11:00
    https://myjitsu.jp/archives/98647


    【嵐・二宮和也が“大物俳優”にタメ口連発。⬅️その結果wwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ