フォレスト速報

どうも皆様、フォレスト速報でございます。ここでは芸能に関するニュースや出来事のまとめを掲載させていただいております。このサイトに興味を持っていただき、閲覧していただくと幸いです。

    アーティスト



    1 muffin ★ :2019/06/19(水) 11:32:51.74

    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/06/614kreva.html
    2019年06月18日

    J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。6月14日(金)のオンエアでは、ラッパーでシンガーソングライターのKREVAさんが登場。6月19日(水)にリリースされる最新ベストアルバム『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』について話を訊きました。

    中略

    世界的にヒップホップが主流になり、日本でも存在感が増しています。しかし、KREVAさんは……。

    KREVA:決定打が出ていないと思います。俺がそういうふうに言ったら、他の人がどう思うのかと思って『存在感』の歌詞を書いたのもありますけど、まだまだだなと思いますね。ラップしているだけで得している部分もあると思うんです。「特別な存在」みたいな。でも、ラップのほうが主流になっている国もあるわけだし、そこまでなりたいというわけじゃないけど、「もう少しみんな頑張っていこうよ」という気持ちが、ラップをしている人たちにありますね。

    カビラ:ストリーミングからサブスクリプションになって、己の署名性があるアルバムという形態がどうなのかという時代に入りつつあります。定額制になれば、画面も見ずに音像のなかに身を置けるので、どこの誰の作品なのか、今なのか昔なのかもわからない。ちゃんと作り手のみなさんと向き合ってリスペクトしながら聴ける環境があるのか、そのあたりはどう感じていますか?

    KREVA:ストーリーの欠如を感じることはありますね。

    カビラ:みなさんがコンサートに行く理由はそこにあると思うんですよね。人、バンド、ジャンルが好きだから行く。一期一会だし、スペシャルだし。面白いですよね。定額制でBGMみたいなイージーリスニング化されても、コンサートはちゃんと行く。面白いバランスになっていますよね。

    KREVA:そうですね。フェスが流行るのもわかる気がします。スペシャルな体験がしたいし、出会いも求めてるからフェスに行くんですかね。


    (出典 j-wave.fm)


    【KREVA「日本のヒップホップシーンは決定打が出ていないと思います。」】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/17(月) 21:13:31.18

    ◆ いきものがかり山下穂尊「異常女性遍歴」で次なる火種? 活動休止よりまずいその下半身事情

    2017年に一度は活動休止をしたものの、昨年再度活動を再開したバンド・いきものがかり。
    朝ドラや五輪のテーマソングに起用されるなど「NHK御用達」としても知られており、老若男女問わず幅広い人気を獲得している。
    だからこそ、17年の活動休止は大きく騒がれた。

    当時は「不仲説」「解散説」も多く飛び交っていたが、メンバーそれぞれは不仲を否定。
    活動再開となり現在に至る。
    今後も3人仲良く名曲を紡いでいくことになるだろう……と思ったが、やはり“火種”がまったくないわけではないらしい。

    「ギターの山下穂尊さんは、以前より女性関係のド派手さが語られています。
    以前は2週間で2人の女性をそれぞれお持ち帰りするなど、かなり奔放なことで知られているんです。
    その遊びっぷりは尋常ではなく『1000人斬り疑惑』もあるほど。
    水野や吉岡もだいぶ呆れているとか……いずれにせよ、今後よからぬ話が表に出ないことを祈るばかりです」(記者)

    クリーンイメージが強いバンドだけに、性的なスキャンダルのダメージは他より大きいに違いない。
    山下は特におとなしくする必要がありそうだ。

    エンタMEGA 2019/06/17
    https://entamega.com/18870

    (出典 entamega.com)


    【いきものがかり・山下穂尊「異常女性遍歴」で次なる火種か!?例の3人組はいきものがかりなのか!?】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/16(日) 16:07:29.63

    6/16(日) 16:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160577-nksports-ent

    音信不通状態だった4人組ロックバンドKANA-BOONのベース飯田(めしだ)祐馬(28)が自宅に戻ったことが16日、公式HPで報告された。


    【音信不通だったKANA-BOON飯田、無事に自宅に戻った模様・・・。】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/15(土) 18:42:35.92 ID:VLpHdt979.net

    ◆ KANA-BOON・飯田行方不明は「事件性なし」公にアナウンスできない事情とは

     4人組ロックバンド「KANA-BOON」のベース・飯田祐馬(28)が、今月5日から音信不通となっている問題で14日、新事実が明らかになった。

     家出には「一般家出人」と「特異家出人」の2種類があり、前者は自分の意思で姿を消した者。後者は事件に巻き込まれた形跡があるなど、自分の意思ではない可能性があるものを指す。

     音信不通となった飯田を心配した家族は、警視庁成城署に捜索願を出したが、同署で飯田は「一般家出人」扱いであることが本紙取材でわかった。つまり“事件性なし”の方向で捜査を進めているということ。

     警察関係者は「事件に巻き込まれた可能性があれば、とっくに捜査1課が入っている。そうでないということは、飯田の周囲は失踪の理由について何らかの心当たりがあるはず。ただ、グループやファンへの影響を考慮し、公にアナウンスできない事情があるのだろう」と話す。

     気になるのはこの日、残るメンバー3人が公式サイトで飯田が不在でも「KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思います」とアッサリ宣言したことだ。

     音楽関係者は「あまりにも決断が早いように感じる。そのニュースを見た飯田が『俺なんかいなくても…』と考えてもおかしくない。余計に表に出づらくなるのではないか」と話す。

     失踪前日、飯田らメンバーはバンドの将来について話し合っていたという。グループの中で飯田はあとから加入した非オリジナルメンバーで、ほかの3人は高校の同級生。この辺りの“差”も気になるところだ。

     また、ネット上では過去に飯田が宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加改め「千眼美子」と不倫関係にあったことから、同団体が飯田を「保護しているのでは?」と疑う声も上がっているが、本紙取材に同団体は「一切、関知しておりません」と否定した。

     警察の見立て通り、事件性がなければいいのだが…。

    2019/6/15(土) 17:10 東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000045-tospoweb-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【KANA-BOON飯田の行方不明が公にアナウンスできない事情】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/06/13(木) 21:24:46.51

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906130001007.html
    2019年6月13日21時9分

    4人組ロックバンドKANA-BOONは13日、公式ホームページで、ベースの飯田(めしだ)祐馬(28)が音信不通状態のため、15日に東京・Zeppダイバーシティで開催予定だった企画ライブの中止を発表した。

    発表によると、今月5日から連絡が取れていないといい、「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」とした。

    家族から警察に捜索願が提出されているという。

    15日のライブはデビュー5周年企画の締めくくりでもあり、「皆様にこのようなご報告をしなければならないことを、メンバー、スタッフ一同、大変心苦しく感じております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」とした。

    同バンドは、大阪・堺出身のボーカル兼ギター谷口鮪、ギター古賀隼斗、ドラムス小泉貴裕、ベース飯田による4人組。08年に結成され、インディーズ時代のシングル「ないものねだり」がヒット。13年にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。20代を中心に支持を集める。メロディー、歌詞ともキャッチーで覚えやすく踊れるロックとして人気。音楽フェスにも多数出演してきた。


    (出典 pbs.twimg.com)


    関連スレ
    【音楽】「KANA-BOON」ライブ中止を発表、ベース飯田祐馬が連絡取れない状態
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560427723/


    【【驚愕】KANA-BOON飯田が今月5日から音信不通状態。警察に捜索願を提出するほど事態は深刻に・・・。】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/31(金) 08:09:28.31 ID:tyd/DjRf9.net

    ◆ 椎名林檎が“露出強要”を告白…売るために脱がせる腐った芸能界

    5月25日深夜に放送された『COUNT DOWN TV』(TBS系)で、歌手の椎名林檎が、駆け出しのころに水着を強要されていたと暴露。世間をざわつかせている。

    椎名はデビューしたてのころに、テレビやラジオなどメディア関係者にあいさつ回りをしたのだが、そのときに「ゴースト(ライター)いるんでしょ?」「本当はいくつなの?」など、侮辱的な言葉を投げ掛けられたという。さらに、とあるキャンペーン会社関係の人間から、「プールサイドでの収録なんで、水着をなるべく着て来てほしい」と頼まれたそう。この仕打ちに、椎名は怒りなのか悲しみなのか、涙がこぼれたそうだ。

    「ネット上では、『椎名林檎って結構自分から脱いでいるイメージだけど…』『フェスで水着来てたじゃんw』という反論もありますが、自ら脱ぐのと、要求されて脱ぐのは全く違います。〝偉いおじさん〟の指示で脱ぐのは、ただのセクハラ・パワハラですよね」(女性誌記者)

    ■ 「インパクト=脱ぐ」が業界人の思考

    この告白に、ネット上では、

    《さすが腐ったセクハラ芸能界だね》
    《椎名林檎ですらイロモノ扱い、色気要員みたいなときがあったんだね》
    《売れる前に、いろんな場所でプロモーションするのは当然だけど、ミスチルやB’zやラルクが、水着で歌ってとか言われたことないだろうからね》
    《この人ですら水着になるんだからAKB系なんて何をされているやら…》

    などといったドン引きの声が上がっていた。

    「〝売ってやる〟という名目で脱がされるタレントは、椎名以外にも多くいます。女優の吉岡里帆は駆け出しのころにグラビア活動をして水着になっていましたが、本人は泣くほど嫌だったと告白。少し違うかもしれませんが、『嵐』がデビュー時にビニールのスケスケ衣装を着ていたこともありましたね。また、半強制かは不明ですが、お笑い芸人の鳥居みゆきも出始めのころに水着仕事をやっており、いまだに〝黒歴史〟としてネット上で定期的に話題になります」(芸能記者)

    世間に売り出すためにはインパクトが大事なのかもしれないが、業界関係者はインパクト=脱ぐという謎の考えがあるのかもしれない。

    まいじつ 2019.05.31 07:32
    https://myjitsu.jp/archives/84762


    (出典 live.millionyearsbookstore.com)


    【椎名林檎 デビュー当時に水着で露出しろと強要されたことを告白】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/01(水) 05:50:34.39

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000000-spnannex-ent

    パンクバンド「ザ・スターリン」元メンバーのミュージシャン、遠藤ミチロウさんが4月25日に亡くなったことが分かった。68歳。
    5月1日、遠藤さんの公式ツイッターで所属事務所が発表した。

    遠藤さんは昨年10月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたことを公表し、闘病中だった。
    所属事務所は「遠藤ミチロウは、昨年より膵臓癌を患い闘病を続けてまいりましたが、2019年4月25日に都内の病院にて
    永眠いたしました」と報告。「葬儀は本人の意向により近親者のみで執り行いました。後日、音楽葬を行う予定です」とつづった。

    1980年、自身がボーカルのザ・スターリンを結成。鳥の生首を客席に投げつけたりマイクではなく拡声器で歌うなど、
    過激なライブと言動が話題となり、アングラパンクのカリスマとなった。代表作はアルバム「STOP JAP」「虫」など。
    スターリン解散後もソロ、バンドで活躍。「日本パンクのゴッドファーザー」とも呼ばれている。

    福島県二本松市出身。11年の東日本大震災後は「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げ、被災地支援ライブを開催。
    福島をテーマにした映画を監督するなど、故郷の復興に尽力。15年には膠原(こうげん)病を患っていると明かしていた。


    https://twitter.com/michiro60/status/1123248153036070912

    【遠藤ミチロウオフィスより】

    遠藤ミチロウは、昨年より膵臓癌を患い闘病を続けてまいりましたが、2019年4月25日に都内の病院にて永眠いたしました。
    葬儀は本人の意向により近親者のみで執り行いました。後日、音楽葬を行う予定です。
    生前のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます。

    0:30 - 2019年5月1日
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【訃報】「ザ・スターリン」の元メンバー、遠藤ミチロウさん死去。享年68】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/04/30(火) 20:20:17.65

    眞鍋かをりがパーソナリティをつとめ、リスナーと一緒にテーマに沿った独自の音楽チャートを作り、今みんなが聴きたい曲をシェアしていくTOKYO FMの番組「KOSE Your Songs Best10」。
    4月28日(日)の放送は、「平成を代表するアーティストBEST10【女性アーティスト編】」をお届けしました。

    第10位は、一青窈さん。平成14年にシングル「もらい泣き」でデビューしました。平成16年リリースの「ハナミズキ」は、“平成でもっともカラオケで歌われた曲” に選ばれました(「DAM平成カラオケランキング)より)。

    第9位は、“恋愛ソングのカリスマ”西野カナさん。平成20年にデビューし、22年リリースのシングル「会いたくて 会いたくて」が大ヒット。今年2月から無期限の活動休止に入り、3月には入籍を発表しました。

    第8位は、平成19年のデビュー以来、パワフルな歌を届け続けるSuperflyさん。平成20年のヒット曲「愛を込めて花束を」は、テレビドラマ「エジソンの母」(TBS系)の主題歌にも起用されました。

    第7位は、浜崎あゆみさん。平成10年に歌手デビュー。“女子高生のカリスマ”と呼ばれ、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などの流行を生み出し、社会現象を巻き起こしました。

    第6位は、椎名林檎さん。平成10年にデビューし、“新宿系”アーティストとしてブレイク。それまでのJ-POPシーンにはなかった妖艶な魅力で、独自の世界を切り開いてきました。

    第5位は、MISIAさん。平成10年、“5オクターブの音域”と言われる圧倒的な歌唱力で鮮烈なデビューを飾りました。デビュー曲「つつみ込むように」は、代表曲として挙げられるヒットナンバーです。

    第4位は、今年デビュー30周年を迎えたDREAMS COME TRUE。眞鍋は、「平成の歴史とドリカムのキャリアがちょうど重なるんですね」とコメントしていました。

    第3位は、平成10年デビューの宇多田ヒカルさん。デビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録。15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果しました。
    眞鍋は、「15歳でこの曲を書き下ろしたとは……まさに“天才”としか言いようがない、そんな鮮烈なデビューでした」とコメントしていました。

    第2位は、AKB48。“会いに行けるアイドル”として、平成17年に東京・秋葉原を拠点に始動しました。今やその姉妹ユニットは海外にまで広がるほど。
    眞鍋は、「こうして振り返ると(AKB48のプロデューサー)秋元康さんってすごい人ですよね。昭和の時代におニャン子クラブを、平成にAKB48をブレイクさせ……。令和はどんなアイドルをプロデュースするのでしょうか?」と期待を寄せました。

    第1位は、安室奈美恵さん。平成7年にソロデビュー。平成を駆け抜け、昨年9月、多くのファンから惜しまれつつ引退しました。
    リスナーからは「ストイックな姿に憧れていました。私が生まれる前から、母は安室ちゃんが大好きで、幼少期のドライブの車内BGMは、いつも安室ちゃんでした」というメッセージも届きました。

    「平成を代表するアーティストBEST10【女性アーティスト編】」はコチラ。
    第10位 一青窈
    第9位 西野カナ
    第8位 Superfly
    第7位 浜崎あゆみ
    第6位 椎名林檎
    第5位 MISIA
    第4位 Dreams Come True
    第3位 宇多田ヒカル
    第2位 AKB48
    第1位 安室奈美恵

    番組では、4月からスタートした「KOSE Beauty Tag」もオンエア。美容のプロフェショナルをお迎えし、スキンケアやメイクなど“キレイになるヒント”をお届けする新コーナーです。
    4月のゲストは、ヘアメイクアップアーティストの河北裕介さん。番組と連動した「春の保湿ケア」についての動画も、ぜひチェックしてみてださい!

    2019-04-28 (日) 11:30 東京FM
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/gXB6UiOsI5.html?showContents=detail

    【音楽】<平成を代表する男性アーティスト>3位B'z、2位星野源、1位は?/TOKYO FMの番組「KOSE Your Songs Best10」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556412804/


    【【悲報】平成を代表する女性アーティストランキングにAKBが入ってしまう・・・。】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/04/28(日) 08:17:04.47

    4/27(土) 18:00 Rolling Stone Japan
    絶滅寸前の危機、ギターソロはもはや過去の遺物なのか?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00030710-rolling-ent


    特大ヒットしたポップソングも含め、かつてあらゆる曲に登場したギターソロは、今や絶滅寸前となっている。その伝統芸がメインストリームに返り咲く日は来るのだろうか?

    ポップR&B界の急先鋒カリードの新作、『フリー・スピリット』に収録された眩いディスコポップ「アウタ・マイ・ヘッド」では、冒頭から約2分のあたりで奇妙で異質なサウンドが登場する。うねるように音程を上下させるそれは約15秒間にわたってメロディを奏でた後、ゆっくりとフェードアウトしていく。

    これはもしや…間違いない、ギターソロだ!

    ジョン・メイヤーによるこのソロは、ジャンルを軽々と飛び越えるカリードの柔軟なスタンスを物語っている。しかし2019年において、ロックンロールの象徴であるギターソロという表現手法は、もはや絶滅寸前と言っていい。イマジン・ドラゴンズ、The 1975、トゥエンティ・ワン・パイロッツ等、現代のメインストリームのロックバンド(あるいはそれに準ずるもの)は、ギターよりも弾力性に富んだビートやプログラミングを多用し、ギターソロらしきものは全くと言っていいほど耳にしない。また今日のポップやヒップホップ、あるいはR&Bにおいて、ラップ・ロック、90年代のオルタナロック、エモ等の影響を感じさせるものはしばしば見かけるが、ギターが使用されているものは稀だ。ビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」等、ポップスの曲にブレイク部が挟まれる場合、そこで耳にするのは大抵シンセサイザーやキーボードの音色だ。

    近年でギターヒーローが脚光を浴びる場といえば、音楽よりもむしろ映画が連想される。『ボヘミアン・ラプソディ』において、同名曲のギターソロを弾くにあたって悪戦苦闘していたブライアン・メイ役のグウィリム・リーに対し、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは「自分を投影させろ」とアドバイスしたという。アンプの前に陣取った彼がそのギターソロを完璧に再現する姿は、もはやロックそのものよりも古めかしく、まるで古代エジプトの儀式を目にしているかのように思えてくる。

    (中略)

    ギター・ソロは時代遅れとなってしまったのか?

    こういった具体例を挙げるまでもなく、ギターソロという伝統芸が文化的にも音楽的にも時代遅れとなってしまったことは否定できない。なぜならギターソロには、(主に)白人の男性のイメージが定着してしまっているからだ。その一方で今年のグラミーでは、ギターヒーローとして輝きを放った2人の女性が誇らしくソロを弾いてみせた。アニー・クラーク(セイント・ヴィンセント)とR&BシンガーのH.E.Rはそれぞれのパフォーマンスにおいて、フェミニンでもマッチョでもない、簡潔でセンスの良いソロを聴かせた。

    クラークのアプローチはやや控えめでありながら、テクスチャーへのこだわりを感じさせる。リードのラインや時折登場するソロをその他の楽器と調和させる彼女のスタイルは、ロバート・フリップやマーク・リボットのニュアンスに満ちたプレイを思わせる。「ギターは死んだっていうセリフは、数年おきに耳にするわね」彼女は昨年そう語っている。「でもそれは間違ってる。ギターは常に生まれ変わり続けてるし、そのサイクルはこれからも続いていくの。ギターを耳にしなくなる日は永遠に来ないわ」ロックそのものがそうであるように、ギターソロが以前のような脚光を浴びることはもうないのかもしれない。しかしクラークのようなアーティストがいる限り、ギターが生きたまま葬られてしまうことは決してないだろう。

    Translated by Masaaki Yoshida

    DAVID BROWNE


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【【音楽】絶滅寸前の危機、ギターソロはもはや過去の遺物なのか?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/04/27(土) 22:50:31.63

    眞鍋かをりがパーソナリティをつとめ、リスナーと一緒にテーマに沿った独自の音楽チャートを作り、
    今みんなが聴きたい曲をシェアしていくTOKYO FMの番組「KOSE Your Songs Best10」。
    4月21日(日)の放送は、「平成を代表するアーティストBEST10【男性アーティスト編】」をお届けしました。

    第10位は、ゆず。平成8年3月に結成し、平成10年にシングル「夏色」でメジャーデビュー。横浜・伊勢佐木町での路上ライブからスタートして、いまも第一線を走り続けています。

    第9位は、福山雅治さん。平成2年の歌手デビュー後は、シンガーとしてだけでなく、俳優、ラジオパーソナリティーなどマルチに活躍しています。眞鍋は「アラフィフでも、かっこよさは健在ですよね~」とコメントしていまいた。

    第8位は、平井堅さん。平成7年にデビューし、15年には日本人男性ソロアーティストとしては初めて「MTV Unplugged」に出演。リスナーからは、「平成を代表する男性アーティストといえば、私の中ではダントツで平井堅さん。
    バラードからポップ、ゴスペルまでとにかく幅広く、そして、あのインド人のようなお顔……もう最高です!」というメッセージが届きました。

    第7位は、嵐。平成11年に結成、「A・RA・SHI」でデビュー。平成時代を駆け抜け、来年、令和2年12月31日をもって活動休止予定。現在は、20周年アニバーサリーツアーの真っ最中です!

    第6位は、スピッツ。平成3年にデビューし、7年にシングル「ロビンソン」がミリオンセラーを記録し大ブレイク。現在放送中のNHK 連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌も担当しています。

    第5位は、米津玄師さん。平成の終わりに登場した、ネット世代のカリスマです。平成30年リリースの「Lemon」は、2018年度の音楽シーンで最大のヒットとなりました。

    第4位は、Mr. Children。平成4年にデビュー、5年リリースの「CROSS ROAD」でブレイクし、90年代以降、数多くのヒットを生み出しています。リスナーからは、「高校生の頃からの大ファンです。
    青春を一緒に過ごしたミスチル。令和に元号が変わっても、まだまだファンを続けます!」というメッセージが届きました。

    第3位は、B'z。平成にリリースしたシングルとアルバムの売上枚数をまとめた「平成30年ランキング アーティスト別セールス」で総合1位を獲得(オリコン調べ)。
    眞鍋は「大学の先輩でもある稲葉さん、本当に崇拝しております!」と熱く語りました。

    第2位は、星野源さん。平成28年にテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演し、エンディングテーマ「恋」とともにブレイク。俳優や文筆家としても活躍する現代のポップスターです。
    リスナーからは、「一見穏やかに見えるその姿とは裏腹に、音楽への情熱が燃えたぎっている人なんだなぁと、最新アルバム『POP VIRUS』をきいて思い知りました。世界中の音楽にアンテナを張り、
    自分なりの咀嚼をして、表現されているのが素晴らしいです!」という熱いメッセージもいただきました。

    第1位は、SMAP。平成3年にCDデビュー、平成28年をもって解散しましたが、今もなお“永遠の国民的グループ”として多くの方から愛されています。
    眞鍋は「やはり“平成を代表する”となると、この方たちを置いて、ほかにいないでしょう!」「SMAPという存在は、令和の時代にも語り継がれることでしょう」とコメント。

    また、リスナーからも「もう、SMAPほどの国民的アイドルは現れないのではないかと思います」「『世界に一つだけの花』で広まった“オンリーワン”という言葉も、平成を代表する言葉なのではないかな?
    と思います」など、たくさんのメッセージが届きました。

    「平成を代表するアーティストBEST10【男性アーティスト編】」はコチラ。
    第10位 ゆず
    第9位 福山雅治
    第8位 平井堅
    第7位 嵐
    第6位 スピッツ
    第5位 米津玄師
    第4位 Mr. Children
    第3位 B'z
    第2位 星野源
    第1位 SMAP

    2019-04-27 (土) 17:30
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/AbXmw14q6b.html?showContents=detail


    【平成を代表する男性アーティストのランキングの内容www】の続きを読む

    このページのトップヘ