フォレスト速報

どうも皆様、フォレスト速報でございます。ここでは芸能に関するニュースや出来事のまとめを掲載させていただいております。このサイトに興味を持っていただき、閲覧していただくと幸いです。

    政治経済



    1 ばーど ★ :2020/01/26(日) 18:37:02.52

    中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、安倍総理大臣は26日午後6時すぎ、総理大臣公邸で記者団に対し、現地に滞在する日本人で希望する人は中国政府との調整が整いしだい、チャーター機などを使って全員を帰国させる方針を明らかにしました。

    2020年1月26日 18時24分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259681000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【安倍首相「武漢の日本人をチャーター機を使って希望者全員を帰国させる」 】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2020/01/25(土) 13:42:12.25

    ベイルート:レバノンは、小麦、燃料、医薬品購入の資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンを国際援助機関から確保することを検討していると、レバノンの新聞ザ・デイリー・スターが、ガジ・ワズニ財務大臣の木曜日の発言として引用した。

    レバノンは木曜日、新しい内閣を組閣し、これにより信頼を回復し、深刻な経済危機の中、外国の援助機関から緊急に必要な資金を確保したい考えだ。

    「我々は国際援助機関に対し、小麦、燃料油、薬の購入資金を賄うため、40億から50億ドルのソフトローンをレバノンに提供するよう要請する」と、ワズニは語った。

    「この資金投入は、1年分の国のニーズを賄い、米ドルの取り付け騒ぎを抑えることにもつながる」と彼は付け加えた。

    急激なドル不足により、銀行は預金引き出しや送金に規制を課すこととなり、レバノンポンドを直撃、インフレを加速させた。

    ハッサン・ディアブ首相は木曜日、深刻な負債を抱えた同国が支援を求めることを検討している中、複数の外国大使との会談を設定した。首相は3月に満期となる12億ドルの債務を含め、満期となっているユーロ債をどう処理するのか、決断しなければならない。

    レバノンは2018年の国際会議で、諸改革を条件に110億ドル以上の支援を取り付けることができたものの、これらの改革は現在のところ実施には至っていない。
    https://www.arabnews.jp/article/business/article_8241/


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    【【深刻】レバノン政府「誰か資金を賄うため、お金貸してください(´;ω;`)」】の続きを読む



    1 1ゲットロボ ★ :2020/01/25(土) 02:07:38.83

    中國發旅遊禁令 我1/25起禁出團赴中 | 華視新聞 20200124

    (出典 Youtube)


    【【速報】中国政府がついに海外渡航禁止令を発令。】の続きを読む



    1 みつを ★ :2020/01/24(金) 17:15:58.09

    https://this.kiji.is/593353392835839073


    外務省、中国・武漢への渡航中止を勧告へ
    2020/1/24 17:14 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社



     茂木敏充外相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国・武漢市を含む湖北省について、感染症危険情報をレベル3に引き上げ渡航中止を勧告すると発表した。


    【【今更】外務省、中国・武漢への渡航中止を"勧告"。】の続きを読む



    1 1号 ★ :2020/01/24(金) 14:17:10.68

    MANILA - All 135 tourists from Wuhan province in China who arrived in Kalibo, Aklan on Thursday will be returned to their point of origin, an aviation official said Friday, as more countries record cases of the mysterious new coronavirus.

    Philippine carriers Royal Air Charter and Pan Pacific Airline will launch 4 flights to take the tourists back to Wuhan, according to Wyrlou Samodio, chief of Civil Aeronautics Board's legal division.

    Samodio did not give details about the schedule of the flights.


    Google翻訳
    マニラ-木曜日にアクランのカリボに到着した中国の武漢県からの135人の観光客は全員、元の場所に戻されると、航空当局は金曜日、多くの国が謎の新しいコロナウイルスの症例を記録していると述べた。

    民間航空局の法務部長であるWyrlou Samodio氏によると、フィリピンの航空会社Royal Air CharterとPan Pacific Airlineが4便のフライトを開始して、観光客を武漢に連れて帰ります。

    サモディオは、フライトのスケジュールに関する詳細を提供しませんでした。


    続きはソースで
    135 Chinese tourists from Wuhan to return home: aviation official
    Posted at Jan 24 2020 09:31 AM
    https://news.abs-cbn.com/news/01/24/20/135-chinese-tourists-from-wuhan-to-return-home-aviation-official

    動画

    (出典 Youtube)


    【フィリピンの航空当局、武漢からの中国人観光客を追い返す!!!!!】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/20(月) 14:56:52.93


    (出典 www.newsweekjapan.jp)

    銀行を襲うデモ隊(1月14日、ベイルート) MOHAMED AZAKIR-REUTERS

    カルロス・ゴーン日産元会長の逃亡先レバノンが、政治・経済危機に揺れている。1月15日、首都ベイルートでデモ隊が治安部隊と衝突し、多数の負傷者が出た。

    その前日にはドルの預金引き出し制限に激怒した抗議者たちが銀行を襲撃したばかりだった(編集部注:1月18日、19日にもデモ隊と治安部隊の衝突があり、報道によれば、2日間で負傷者が490人超となっている)。



    反政府デモは10月半ばから続いているが、国民の怒りは銀行にも向けられている。金融危機を回避するため、多くの銀行が引き出しを月約1000ドルまでに制限しているからだ。預金者は自国通貨レバノンポンドでの取引を余儀なくされているが、同通貨は対ドルで急落している。

    状況を複雑にしているのは、反政府デモの圧力により10月末にハリリ首相が辞任して以来、レバノンが無政府状態にあることだ。12月にディアブ元教育相が新首相に指名されたが、組閣には至っていない。

    一方で混乱の元凶であるハリリはデモを「受け入れ難い」と非難し、ベッリ国会議長はデモ隊の狙いは「国を破壊すること」と発言している。

    2020年1月20日(月)11時00分
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92175.php


    【ゴーンが逃げた先のレバノンが銀行も襲撃される程の無政府状態に・・・。】の続きを読む



    1 みつを ★ :2020/01/18(土) 07:37:05.32

    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/01180557/


    「ゴーン擁護」が8割というフランス人の過度な自国第一主義
    国際 週刊新潮 2020年1月16日号掲載
     フランスのジャーナリズム誌「ル・ポワン」が大晦日に行った調査では読者の75%が大脱走を支持。かのフィガロ紙の調査にも80%超が「逃亡は正しい」と回答。年末でシャンペンをポンポンと空けすぎていたのか?...


     仏閣僚のひとりは、
    「司法の裁きから逃げるべきではない」
     と彼の行動を論難したものの、市民感覚ではそうならないのが仏人の精神だと、ジャーナリストの徳岡孝夫氏は解説する。

    「第2次大戦時、一斉に降伏した日本人とは違い、仏人はナチスに占領された後もレジスタンス活動を継続した。自由を何より尊重する『リベルテ』の精神に拠るものです」
     自由は自分で掴み取るもの。その思想の発露が法を曲げてゴーンに海を渡らせたというわけか。かの地への留学経験もある精神科医の片田珠美氏に分析を請うと、

    「移民でありながら、グランゼコール(フランスのエリート養成校)を卒業し、国を代表する企業のCEOになった叩き上げのゴーン。階級意識が根深いあの国では、嫉妬から彼を蔑む向きがあります。しかし、それとは裏腹の“彼を応援したい”感情もある。自国第一主義も強い仏人としては、『世界の中心=フランス』を代表する企業『ルノー』を長年率いてきた人物が、他国で囚われの身のままだというのは我慢ならなかったのです」

     現地在住のジャーナリストに聞いてみると、

    「フランスは日本以上に階級社会が成立しているので、新聞は一部のエリート層しか読みません。今回、世論調査を行ったフィガロ紙も格調高い文体が特徴です。選ばれた人間への単純なアンケート結果を基に、それが『世論』だと主張するところが如何にも、フランスらしいですよね」
     英国に倣って住民投票でもすればエスプリの効きすぎは修正できた?
    特集「風と共に『ゴーン』10の謎」より


    【「ゴーン擁護」が8割というフランス人の過度な自国第一主義】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/15(水) 09:36:46.73

    「おもてなし」が日本を滅ぼす…?

     海外を旅行して日本と比べて各種サービスが「雑だな」と感じた方は多いでしょう。

     しかしこの感覚が、日本の経済的な低迷の原因の一つであるとしたら、あなたはどう思うでしょうか。

     実は主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だからなのです。逆に日本の消費者が「雑なサービスでもよい」と納得できるのであれば、日本の生産性は思いのほか伸びる可能性がある。

     日本の生産性が低いと指摘されているのは、「日本人の価値観の問題に帰結する」といっても過言ではないのです。

     今回はそうした話から日本の生産性が低い理由を考えてみたいと思います。
    .

    最低賃金の大幅な引き上げが招く危機

     昨今の日本の生産性を高めようという議論は、実は「最低賃金の大幅な引上げ」の議論と密接にかかわっていることをご存知でしょうか。

     昨年の経済財政諮問会議でも最低賃金を5%引き上げるべきだという意見があったということですが、それは政府内に「何としても労働生産性を上げろ」という掛け声があるからです。しかし、生産性を上げることは何も最低賃金を大幅に上げることだけで成し得ることではないということを、私はこれまで寄稿した記事で主張してきました。

    参考記事

    ◆『「最低賃金1000円実現」で、これから日本で起きるヤバすぎる現実』
    (https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67370)

     日本の生産性を地道に上げていくためには、最低賃金の大幅な引き上げによって一律でやろうとすると、かなり高い確率で失敗することになるでしょう。

     そのような総論的な対応策よりも、日本の企業が抱えている問題点や業界別に生産性を下げている要因を分析し、各論で対応したほうが現実的であり効果が見込めると思います。そういった意味でも、専門家は、安直な対応策を分け隔てなく推し進めようとするのではなく、バランスの良いアプローチを考えなければなりません。

    IT投資が遅すぎる日本

     たとえば昨年の政府の諮問会議等の議論を見ていると、日本の企業の効率がITの分野で低すぎるという話はあまりされている様子がありません。日本の低生産性の主因のひとつは、ITやAIの分野でかなり遅れているということです。

     日本の企業が真っ先に着手するべきは、効率性が劣る古い情報システムの刷新です。とくに大手企業ではおよそ7割~8割が老朽化したシステムに見切りをつけることができずにいるのです。

     その結果として、日本のIT投資は停滞し続けています。

     2017年のIT投資は16兆3000億円と、1997年の最盛期から2割程度減ってしまっているのです。過去20年間のほぼ同じ期間で、IT投資がアメリカでは2倍を超える水準に増加していますし、ドイツやフランスなど欧州の主要国でもアメリカほどではないにしても軒並み増えています。

     さらに問題なのは、日本企業はIT投資の8割を既存の古いシステムの維持や運用に使っているということです。投資額が米欧に比べて少ないばかりか、その多くは運用コストが高く生産性の低いシステムの維持費に使用されているのです。新しい付加価値を生むために新しいシステムを導入するという決断ができずにいるというわけです。

     これではいくらAIやビッグデータの活用の旗を振っていても、かけ声倒れになる可能性が高いといえるでしょう。

     その一方で、新興国の企業は古いシステムを抱えていないだけに、躊躇なく最新のシステムを導入して、業務のデジタル化で日本企業の先を行っています。

     積極的にデジタル技術を取り入れて、事業を急拡大する企業が増えているのです。

     日本の経営者たちも古いシステムの除去に尻込みすることなく、システムをクラウド型に切り替えるという決断をする必要があります。

     とりわけ経団連に加盟する企業では、サラリーマン社長ゆえに大型のIT投資に踏み切ることができず、遅かれ早かれ多くの大手企業は競争力を失い、日本の生産性は他の主要国との差が開いていってしまうのではないかと危惧しているところです。

     これに比べて、これまでシステムを導入してこなかった割合が高い中小企業のほうが、規模が小さいメリットを生かして、業務のクラウド化によって効率化を推し進めることができる可能性が高いように思われます。

    全文はソース元で
    1/15(水) 8:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00069708-gendaibiz-bus_all


    (出典 rimage.gnst.jp)


    【【愕然】日本人の生産性が低い理由、これだった・・・。】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2020/01/12(日) 15:51:12.90

    2020/01/12 14:30
    レバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というものである。

    ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥール(L’Obs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という本を2月5日に発売する。その本に、ゴーンが6歳のとき、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

    ただの脅しのつもりが……

    アルノー記者の本を事前に入手したクウェートのアル・カバス紙によると、事件が起きたのは1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された死体が発見された。

    被害者は、ボリス・ムスアド神父。3日後に5人組の犯人グループが逮捕された。その一人が、当時37歳だったジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

    ジョージは事件の20年前にナイジェリアの首都ラゴスでボリス神父と出会っていた。ボリスはレバノンの山岳地帯で羊飼いから神父になった人物。その神父にジョージは密輸を依頼するようになる。儲けたカネを分け合う関係だったが、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。

    事件当時、息子のカルロスは6歳。父親は殺人で逮捕されるのだが、その後、さらなる驚きの犯罪が発覚する。

    賄賂、偽札、脱出、成功

    バアバダー刑務所に送還されたジョージは、「貧しそうだったので憐れんでやった」と看守たちに賄賂を配り、刑務所のドンとなった。昼間は刑務所外で過ごし、夜は刑務所に戻る形で、近くに開いた賭博所で看守や囚人たちをもてなしていたという。

    同年の8月4日、仲間11名が逃亡を計画。ジョージは逃亡に加わらなかったが、脱獄に失敗して逮捕された仲間が衝撃的な供述を行う。それは、ジョージがバアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をもちかけていたというのだ。これによって、ジョージ・ゴスンは1961年1月9日に死刑判決を言い渡された。

    しかし、ジョージは模範囚となり、その後15年の禁固刑に減刑された。出所したのが、1970年。ところが、話はこれで終わらない。刑務所から出所した4か月後にまた逮捕された。3万4000ドルもの偽札を所持していたのだ。取り調べの結果、100万ドルの偽札をすでに販売していたため、再度15年間の禁固刑に処される。

    3年後、刑務所内で自殺未遂事件を起こしたが、チャンスが到来する。1975年初頭、レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功したのだ。ジョージはブラジルのリオデジャネイロに逃げて、ブラジルでビジネスに成功。2006年に死亡した

    全文
    https://forbesjapan.com/articles/detail/31734/1/1/1


    【カルロス・ゴーン被告のお父さん、とんでもない極悪人だった!神父銃殺・麻薬・賄賂・偽札・死刑判決・模範囚→刑務所脱出】の続きを読む



    1 バーミーズ(光) [US] :2020/01/11(土) 12:57:41.89


    国営イラン放送によると、イラン軍は11日、墜落したウクライナ機について、軍が誤って撃墜したとの声明を発表した。

    撃墜ではないとしていた主張を撤回した。

    https://this.kiji.is/588577052320613473


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【速報】イラン「すまん、ウクライナ機を誤って撃墜した」⬅️WW3の予感・・・。】の続きを読む

    このページのトップヘ